FC2ブログ

性処理奴隷と過ごした日を記録していきます

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
奉仕好き
2016-01-15 Fri 02:35

更新が暫くぶりになってしまいました。

昨日、久しぶりにY子のフェラを堪能してきました。
年末年始は性処理のタイミングがなかったので、フェラ奉仕を受ける前から私の肉棒は固く猛っていました。

Y子も飢えていたのでしょう、ホテルの部屋に入るなり私の下着を脱がせ、しゃぶりついてきました。
いつもはゆっくり目のフェラなのですが、今回は裏筋に舌を絡めたままスピード速く亀頭をストロークしてきました。
これにはたまらず一気に射精感が高まり、5分くらいでY子の口の中で果てました。
精液も大量だったのでしょう、「んんんっ」と言いながら受け止めていました。
そして精液を飲んだ後、「美味しい」といって掃除フェラをしてくれました。

Y子は相手を悦ばすのがとても好きな女性で、私は本当に良いフェラ奴隷に恵まれました。
フェラ奉仕中「noruさんのペニス大好き」「素敵」と褒めていい気分にしてくれます。
そして私が気持ちよさのあまり声を出すと、本当に嬉しそうにするのです。

射精しお掃除フェラしてくれた後は、Y子の頭を撫でながらおしゃべりを楽しみ、暫くおしゃべりした絶妙なタイミングでY子の手が私の肉棒をさりげなく触り大きくしてくれます。
そしてフェラ奉仕して…というのを4回しました。
4回とも情熱のこもった最高のフェラでした。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

別窓 | フェラ奴隷 | コメント:0 | トラックバック:0
Y美との出会い⑥
2015-08-20 Thu 23:25

挿入する前に快楽責めをたくさんしたことでY美はとても敏感になっていたのでしょう、私が肉棒で突くたびに「あぁっ あぁっ」と気持ちの良い喘ぎ声をあげます。
Y美が敏感に反応するところを肉棒で何度も責めたてると、「イッ イクッ」とY美の声と体に力がこもっていくのがわかります。
「ハッァンン!」みたいな声を発してY美がイクと、結合部がじんわり熱くなりました。

容赦なく肉棒で責め続けY美が3回ほどイッた頃、私もかすかな射精感を覚えました。
Y美が痙攣するところまでイカせたい私はY美の上に覆いかぶさってY美をぎゅっと抱きしめるようにピストンを続けました。
(こうすると私はなぜか射精感をコントロールしやすいのです)

ピストンしている私の体は熱くなっていて、抱き合うことで熱がこもり、汗をかきやすい私の体中から汗が吹き出します。
結合部周辺はY美からとめどもなく溢れでた愛液でドロドロになっています。
私の汗とY美の愛液で2人ともぐちゃぐちゃになりながら、私は肉棒でY美を責め続けました。
Y美が痙攣を伴いながらイクと私は深い満足感を覚えました。

私の射精感が高まってきたことがわかったのでしょう、Y美は「お願い、中に出して…」と何度もお願いしてきました。
「Y美の子宮に私の精液をいっぱい注ぎ込むよ」私はY美に言うと、子宮口に肉棒を押し当てながらピストンをします。
するとY美はひときわ大きな喘ぎ声をあげ、すごい力で抱き付いてきました。

「Y美は子宮口を責められるのが最も感じるんだな」と思ったその時、私は射精感が我慢できなくなりY美の子宮に精液を大量に流し込みました。

別窓 | 肉便器 | コメント:0 | トラックバック:0
Y美との出会い⑤
2015-08-19 Wed 02:22

よくある表現ですが、Y美のあそこは洪水のようでした。

私はGスポットを刺激してイカせるのが好きなのですが、ぐっと我慢しクリトリスの愛撫から始めます。
しかし無毛のおまんこを見ているうちに我慢しきれず、クリトリスの愛撫は短めに、おまんこに中指を挿入しました。
指を動かすたびにグジュグジュといやらしい音がします。
すぐにY美の体の反応するところがわかり愛撫を続けると、指先の膣の壁にツブツブの感触が増えY美の喘ぎ声も激しくなっていきました。
人差し指も入れ、2本の指で刺激を続けるうちにY美の体は何度も痙攣します。
Y美は「おちんぽを入れてください」と何度か懇願してきましたが、まだまだ入れません。
その後も、何度もY美をイカせ続けました。

最初かわいらしい声で喘いでいたY美の声が、何度もイカせるうちに太い真剣な喘ぎ声に変わっています。
おまんこのグジュグジュという音と、真剣な喘ぎ声を聴くのは心地よいものです。

「中に入れるよ」
ここで私は肉棒をY美の膣の奥深くに挿入しました。
ひときわ大きな喘ぎ声を立て、Y美の体がガクガクと痙攣しました。

別窓 | 肉便器 | コメント:0 | トラックバック:0
Y美との出会い④
2015-08-18 Tue 00:15

Y美の最初の自己紹介は「巨乳淫乱ドM」でした。
その言葉の通り、ベッドに潜り込んできたY美の胸に巨大な谷間が見えます。

初めての相手との性の悦びをすぐ後に控えた緊張の時間。
おそらくこの時間の女性の緊張感は男性の数倍でしょう。
Y美も明るく会話を続けていますが、緊張で硬くなっているのがわかります。
目の前で緊張で硬くなっている女性を、どう料理しようかを考えながら眺めることに快感を覚える自分は、やはりSなんだなと思います。

会話を進めながら、Y美の乳房に自然と手を這わせ、指先で乳首を転がします。
Y美のしゃべる言葉が喘ぎで跳ねる回数が増え、声が途切れる回数が増えてきます。
乳首を舌の先で転がしながら、手は愛撫しながら下に向かわせます。

言葉が完全に途絶えた一瞬、それに合わせてY美のあそこに手を這わせます。
そこは綺麗に剃られていました。

別窓 | 肉便器 | コメント:0 | トラックバック:0
Y美との出会い③
2015-08-17 Mon 00:55

駅のタクシー乗り場近くを待ち合わせ場所にしてY美と会いました。

それまでの話の流れで、特に問題がなければホテル直行という雰囲気になっていました。
待ち合わせ場所で少し会話し、お互いに問題ないことを確認して、タクシーでホテルに向かうことにしました。
Y美は会話しやすい女性で、タクシーの中では世間話で盛り上がり、うっかり相手が性処理奴隷となる女性であることを忘れてしまいそうでした。

そうこうしているうちにホテルに到着しました。
ホテルに入り、私から先にシャワーを浴びベッドで横になってY美を待ちます。
シャワーから上がったY美がベッドに潜り込んできました。

別窓 | 肉便器 | コメント:0 | トラックバック:0
| 性処理奴隷との日々 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。